【界面活性剤】ってなに!?安心して使うために知っておきたい事!

skin care


こんにちは。コスメコンシェルジュ&美容ブロガーのnanaです。
今日は、界面活性剤について解説していきます。

私は美容の専門学校を卒業後、エステサロンに就職し、その後、化粧品会社で4年間コスメ・スキンケア・ボディケアの販売をして来ました。その時の経験を踏まえて、美容の知識を発信しています。



この記事は、

界面活性剤ってなに!?お肌に悪くないの?

という方に向けた記事です。


この記事を読むメリット

・界面活性剤が何かがわかる!
・界面活性剤の種類がわかる!
・化粧品を選ぶときのポイントがわかる!


界面活性剤ってなに!?


界面活性剤とは、水と油をくっ付ける【乳化】作用があります。
よく「界面活性剤は怖い」「お肌に悪い」などと言われるのですが、必ずしもそうではありません。界面活性剤を使う事で、濃いメイクをオフ出来たり、ベースメイクをお肌に密着してくれる作用もあるので、とても大切な成分なんです!!!

その反面、洗浄力が強い界面活性剤が入っていると、敏感肌の方は、お肌のバリア機能を壊してしまうこともあります。なので、界面活性剤の知識を持つことは大事です。「これは界面活性剤が入っていた方がいいな」「これは入っていない方がお肌に優しいな。」などが分かるようになると安心です。

界面活性剤の種類


界面活性剤は4つの種類があります。

陰イオン アニオン型


効果:乳化助剤・洗浄・可溶化
何に入ってる?:シャンプー・石鹸・洗顔など
名前の最後に:塩・石鹸・硫酸ナトリウムが付いている

陽イオン カチオン型


カチオン型は一番皮膚刺激が強いです。
効果:帯電防止・殺菌・柔軟
何に入ってる?:トリートメント・コンディショナー・制汗剤など
名前の最後に:クロリド・アンモニウムが付いている。

両性イオン アンホ型


効果:洗浄・乳化助剤
何に入ってる?:ベビー用・高級シャンプーなど
名前の最後に:ベタインが付いている。

非イオン ノ二オン型


ノ二オン型は水に溶けた時にイオン化しないのが特徴です。
効果:乳化・可溶化
名前の最後に:グリセリル・水添ヒマシ油が付いている。

おまけ


【ここちゃんと踊る界面活性剤の歌】という動画があります。
私はこの歌で界面活性剤を覚えました。
頭に残るメロディーなので繰り返し聞いていると、いつの間にか歌えちゃいますよ(^^♪

特に化粧品検定1級を受ける方は必須ですので、是非ご覧下さい↓↓↓

【日本化粧品検定協会公式】ここちゃんと躍る界面活性剤の歌

化粧品を選ぶときのポイント

界面活性剤が必要なのは分かったけど、敏感肌なので、なるべく優しい物を使いたい。

という方もいますよね。
ここでは、敏感肌の方が使える界面活性剤と避けた方が良い界面活性剤を解説します。また無添加のものもオススメです。

クリームは安心


乳液や保湿クリームに入っている界面活性剤は、洗浄力はないので、お肌のバリア機能を壊しません。なので安心して大丈夫です。

クレンジングや洗顔は優しいものを使おう


クレンジングや洗顔など、洗浄力が強い界面活性剤が入っていると、お肌のバリア機能を壊してしまうこともあります。ですので敏感肌の方は、クレンジングと洗顔を両方ではなく、ダブル洗顔不要と記載されているクレンジングを使いましょう!(ダブル洗顔不要とは、クレンジングだけ。洗顔はしなくてOK!という意味。)

無添加のものを使おう


成分を見るのが大変だったり、よく分からない方は、無添加と書いてあるものを使いましょう。無添加とは、お肌に負担のかかる成分が入っていないというものです

・アルコールフリー
・パラベンフリー(防腐剤)
・界面活性剤
・着色料フリー
・香料フリー

などですね。ミネラルファンデーションや洗顔、化粧水など、様々な無添加の物が発売されています。どれも合わない…。と思ったら、無添加のものを試してみるといいです。

しかし、デメリットもあります。それは、洗浄力が低いことです。クレンジング・洗顔・シャンプーなど、汚れを落とすためのものに関しては、無添加だと洗浄力は低いです。

なので、濃いメイクを落としたい時や、頭皮がべたついているのでしっかり洗いたい時などは不向きです。

まとめ


この記事では、界面活性剤ってなに!?・界面活性剤の種類について解説しました。界面活性剤は怖いものだと思っている方が多いです。しかし、界面活性剤がないと化粧品は成り立たないこともあることも分かりましたね。界面活性剤を使ったり使わなかったりは、用途やお肌の状態に合わせて選んで、上手く界面活性剤と付き合っていきましょう!!

もっと詳しく知りたい方は、下記のテキストがオススメです!!検定を受けなくても、美容の知識を得るのにいいです。

化粧品検定検定1級のテキストはこちら

化粧品成分検定のテキストはこちら

以下が私のInstagramです。フォローやコメントお待ちしています。こちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました